家事にやさしいキッチンペーパー

>

基本のキと突っ込んだ使い方

油を切る・水を切る

割と基本的な使い方になりますが、油切りにはとても便利です。
油はべたつくし掃除も大変なので、使い捨てのキッチンペーパーが合理的ですね。
揚げ物の下に敷いておくのもいいですし、揚げ物をレンジで温めなおすときもくるんでチンすると油分を吸収してカロリーをカットしてくれます。
油を濾すのにも向いていますし、だしを濾すこともできます。
コーヒーフィルターが無くなった場合の代用にもできますね。

また濡れても大丈夫なキッチンペーパーであれば、水切りにも適用できます。
野菜のちょっとした水切りなどはこれで済ませてしまいましょう。
豆腐の水切りは時間がかかるものですが、ペーパーでくるんでレンジでチンすると時短になります。
吸収力のなせるワザですね。

料理の下ごしらえ・落し蓋・あく取りに

キッチンペーパーをまな板の上にしいて清潔にかつにおいもつかないようにすることができます。
お肉を下ごしらえするときも、ドリップを吸収することができますし臭みもとります。
さらに下味をもみこんだ際はキッチンペーパーでくるんでおくと味がしみこみやすくなります。

電子レンジの時短で野菜の蒸し料理を行う際、キッチンペーパーを濡らして野菜をくるんで行うとべちゃつくことなく仕上がります。
余計な水分を吸ってくれ、野菜の栄養素も逃しません。レンチン料理の際には必要なグッズですね。

丈夫で厚手なキッチンペーパーでは、煮物料理の落し蓋として使うことができます。
あく取りも同時にやってくれるので重宝します。
鍋蓋を洗う手間も省けますね。


この記事をシェアする