>

保存にも使えるキッチンペーパー

野菜を保存する

キッチンペーパーは野菜や魚・肉などの保存の際にも活躍します。
余計な水分を吸収しつつ乾燥を防ぐのでみずみずしくなります。
キッチンペーパーで肉や魚をくるんで冷蔵しておくと良いのです。
魚の刺身をサクで買うと下にキッチンペーパーが敷いてある場合が多いですね。

野菜の場合も同様です。
水分を少し含ませてくるむようにして保存すると鮮度が保たれます。
冷蔵保存でも2週間ほど保たせることが可能です。
保存に使うと雑菌の繁殖も防ぐことができますし、覚えておいて損はないでしょう。

また長期保存に限らず、サラダを作って食べる直前まで冷やしておきたいときにも、キッチンペーパーでくるんで冷やしておくと効果的です。乾燥することなく、でもパリッとした食感を維持しておくことができます。

掃除に使う他にも色々

調理自体にも大活躍ですが、掃除にも使えます。
包丁のちょっとした汚れをさっと拭いたり、ツナ缶の油分を拭き取っておいたり。
包丁は少し湿らせてから拭き取ります。
水切りなどに使用したキッチンペーパーは、フライパンの油分を拭き取るのに使いまわしで使用していくのが良いですね。
ちょっとした掃除の他に、シンク周りやコンロ周りも、掃除用具替わりにキッチンペーパーを使うことができます。
厚手で丈夫なものならば雑巾として用を足すことができるのです。

コットンを使用したキッチンペーパーもありますが、おしぼり替わりに使うこともできます。
おしぼり素材と同じといっていいので十分ですね。

他に、ガラス食器の収納時の緩衝材として使ったり、調味料の下じきに使ったりと用途は様々です。


この記事をシェアする